FC2ブログ

2018年08月

自民党総裁選に思うこと

9月に自民党総裁選があるということで、ここ数日は各局でも各会派の動向が報道され始めた。
竹下派が分裂したということだったが、ほとんどの会派は安倍総理支持ということで、対抗馬の石破茂氏の劣勢が報じられている。
しかしながら、票読みそのものよりも、全体としてイマイチ盛り上がりに欠けているというのも事実だろう。
本来、自民党総裁選というのは、次期総理を決定するものであるため、大変重要な政治的決定なわけだが、どうにも国民の関心が低い。
私は今回の総裁選を見ていて、歯がゆく思うのは、あれほど安倍総理を批判してきたマスコミや国民が、すでに再選の可能性が高いということを理由に「しょうがないね」という風潮になっていることだ。
しかしながら、それには、対抗馬の石破茂氏に問題があると思っている。
私は石破茂氏の昨今の姿勢をあまり評価していない。彼のあのポピュリズム的発言がかえって、マイナスに作用しているように思うからだ。
石破氏はある講演会で、「『終わったあとは干してやる』とか、『冷や飯を覚悟しろ』などというのはパワハラで、自民党はそんな政党ではなかったはずだ。みんな同志なのだから、終わったら『冷や飯』もなにもあったものではない」と発言されていたが、自民党というのはそんな政党なのである。過去の総裁選を見ても、ずっとそうであったと思う。
しかしながら、私はそれで良いと思っている。自民党の総裁選というのは、結果的に総理を選出する選挙でもあるのだから、権力闘争が繰り広げられて当然である。その権力闘争こそ、政治の本質であり、政治家の本懐として行動しなければならないはずだ。
それにもかかわらず、上記のような発言をして、国民から同情を引こうとする石破氏のポピュリズム的やり方が、結果的に、国民からの信頼を失っているように思うのだ。
自分が政治家として成し遂げたいことを実行するために権力を握る。そのための総裁選であり、だからこそ、私はこの戦いに勝利しなければならない、となぜ言えないのだろうか。
パワハラだなんだ、言っているようではすでに負け戦の論理である。冷や飯を食う覚悟で総裁選に出馬するからこそ、魅力があるのであり、それをそうさせないように、最近の風潮に便乗しているようでは総裁への道は遠いように思う。大衆迎合する政治家はやがて大衆によって滅ぼされると、私は思う。
ちなみに、詳しくはまた後日投稿する予定であるが、ファッションから言えば、安倍総理の圧勝である。
スポンサーサイト