FC2ブログ

ファッションから語る上西小百合議員報道〜その下まつげのマスカラの濃さってどーなのよ!?〜

上西小百合議員。31歳。衆議院議員(2期)。無所属。

 さて、上西小百合議員のファッションであるが、会見当日はグレーのツイードのスーツを着ておられた。昨日のニュースで無所属議員として国会にいたときにも、同じグレーのツイードのスーツを着ておられ、コーチの黒のバッグを持っていらっしゃいました。彼女のファッションは女性政治家には珍しく、極めて無難なものである。(一部報道によると、シャネルのスーツだそうですが…。無論、そうすると、どこが“無難”なのか、ということになりますが、一見したら無難であるということです)

  私はその点は悪くなかったと思う。もちろん、もし、あのスーツがシャネルだとしたら、もう少しリーズナブルなものを選べばさらに良いと思うが、そもそも、それくらいの“センス”(感覚の意)があれば、こういった問題も起こさなかったのではないだろうかとも思うので、そこはあえてあまり言及はしない。不本意ではあるが、追及しても仕方ないような気もするからだ。

  だから、あのグレーのツイードのスーツそのものは、色合いも含めて、会見でも、反省した態度がスーツからも見受けられたので、そう悪くなかったと思う。たとえ、それがシャネルであったとしても、ブランドロゴがハッキリと見えるものでなければ、そのときにはさほど気にならないということもあるからだ。要するに、合理的なことを申し上げるようだが、そのときの会見で、誰が見ても明らかなような落ち度があると、こういった問題は尾を引くことがあるので、そのときに“無難”に見受けられればさほど問題はないと思うのである。

 がしかし、色合いが無難であるがゆえに、表情に注目が集まってしまうのも事実である。服装が無難であるため、彼女が記者の質問に対して嘲笑ったように見受けられる様子や、ふくれ顏をしているように見受けられる表情など、それらがとても目立ってしまうのだ。

 あれで、真っ白なスーツやピンクのスーツを着ていらっしゃったならば、反省の色はそれほど見受けられないかもしれないが、派手な服ほどそこに目がいくため、顔の表情には注目がいかないだろう。


  だから、本来であれば、あのグレーのツイードスーツで、反省した態度を有権者に示すよう、彼女自身の言動そのものがもう少し“エモーショナル”なものでないものであれば、さらに良かったのだと思う。

 ただ、最後にあえて私は申し上げたいが、上西議員に思うことは、何よりも、下まつげのマスカラがあまりにも濃すぎるのではないだろうかということである。ボリュームがありすぎる。私は彼女のその点が女性からの反感を買うような気がしてならないのだ。つまり、下まつげのマスカラのボリュームの多さや会見での態度などが含められてしまうため、事実かどうかわからないが、シャネルのスーツだの何だのという報道が一部で騒がれてしまうのだと思う。

 この先、上西議員関連のことで大きな報道がない限り、本日で上西議員関係のブログは最後にしたいと思うが、あえて最後にも申し上げたい。くどいようで申し訳ないが、上西議員の下まつげのマスカラの濃さ。何なんだ、アリなのかそれって。
スポンサーサイト