FC2ブログ

徒然なるままに、LGBT騒動と新潮45廃刊事件

今回の『新潮45』をめぐるLGBT騒動は、はっきり言っていろいろと間違っている。まず、杉田水脈氏の論文?(私にはまずこれらのものを論文ということに抵抗があります)には事実誤認がある。詳しく言及すれば、それほどLGBTの方々の「生きづらさ」を解消するために税金は使われていないにもかかわらず、さもたくさんの税金が投入されているかのような書きぶりをしているのだ。また、タイトルには、『「LGBT」支援の度が過ぎる』となっているが、それほどLGBTの方々が過剰に支援されているわけでもないと私は思う。しかしながら、私は、事細かに杉田氏の論文の誤りについて検証する気はない。なぜなら、そんなことよりも、“保守政治家”としての資質そのものに問題があると思うからだ。要するに思いやりがないのである。日本の保守には欧米の“conservative”とか“the Right”とかとは違った、「弱気を助け強気を挫く」風潮というものがもう少しあったような気がする。そういう意味では、彼女の寛容性のなさが露呈したこの論文を読んで、私は非常に嫌悪感を抱いたし、同時に彼女の“ネット右翼性”というものを感じざるを得なかった。他党から移籍してきた、2期目の彼女にとって、こういった発言をすることが、次回の自分の選挙のために有利に働くだろうと思ったのかもしれないが、まさに、それは、昨今の日本を取り巻くエセ保守に向けたエセ保守のためのエセ保守の政治に他ならない。人気取りをしているのは、むしろあなたのほうじゃないか、という気持ちである。政治家でありながら、これほどまでにLGBTの方々を苦しめるような論文を書くという、その一点においても、私は支持できない。そして、この論文には、LGBTの方々が日本社会ではそれほど差別されていないというニュアンスのことが書いてあったが、それと制度の問題を論じる上で、実際に同性婚が禁止されている現状を考慮すれば、本来は政治家の側が「生きづらさ」をくみ取り、制度改革をしていくべきであると思う。それにさほどの税金がかかるとは思えない。ここにきてようやく釈明の発言をされたが、いささか遅すぎたのではないだろうか。どこかのマスコミ完全シャットアウトの講演会で、渦中にいる自身について「大丈夫」と発言され、反省の色も全く伺えなかったらしいが、彼女のその自信はどこから来るのだろうか。

 さて、その杉田氏を援護射撃するはずが、『新潮45』もろとも自爆した小川榮太郎氏である。この論文?(こちらも論文と言っていいのでしょうか)もまた間違っている。「性的志向」と「性的嗜好」の区別ができておらず、中身も過激なだけで私にはそれほど意味のあるものとは思えなかった。その過激さに私は面白さを見いだせず、それ故、批判されても仕方がないと思っていた。政治家である杉田氏の批判のされ方とはまた違った意味で批判されていることに、である。しかし、小川氏の周囲における小川批判の仕方にもいささかに疑問を感じているのは事実であり、内容的に全く賛同できないため、私は擁護するつもりは毛頭ないが、そもそも、小川氏はそれほどまでに杉田氏を擁護する必要があったのだろうか。援護どころか、戦場もろとも爆破してしまった小川氏が一番驚いていると私は思う。そして、私は同時に小川氏はこれによりある種の地位を獲得し、また同時にその地位を失いつつあると思う。結果的に、『新潮45』を廃刊にしたという意味で、それほどまでに影響力のある“大物保守評論家”小川榮太郎氏になるきっかけでもあったと思うが、同時にそれは、その地位の崩壊をも意味しているのではないだろうか。まだわからないが、これにより小川氏がいわゆる“保守論壇”のなかで孤立していき、言論の場が減っていくのではないか。その風潮こそ、いかがなものかとも思うわけで、本来はもっと言論の場で擁護されたり批判されたりするべきではないだろうか。
 
 そして、その小川氏の著作物について、《「文芸評論家」小川榮太郎氏の全著作物を読んでおれは泣いた》らしい高橋源一郎氏である。当初は、小川氏の論文を「便所の落書き」としていた高橋氏の見事な転向っぷりには、こうも話を変えられるのかと思ったほどであるが、高橋氏にこそ、むしろ「二重思考」を私は感じたのである。肝心な部分である小川氏の今回の論文のLGBTの問題については言及せず、文学を愛する思いやりのある小川榮太郎Aと、傍若無人な小川榮太郎Bとに分けて、文芸評論家小川栄太郎氏について解説している程度のものだった。しかしながら、それに何の意味があるのだろうか。「便所の落書き」と言ったことについて免罪してほしいのだろうか。というより、むしろ、新潮文学賞の受賞を逃すあたりを丁寧に解説しているところを見ると、むしろ小川氏を小馬鹿にしているようにも私は見えた。

 冒頭でいろいろと間違っていると申し上げたが、この問題は政治家・杉田水脈氏の単なる稚拙な論文発表という意味合いだけではなく、文壇上で議論が繰り広げられないという昨今の文学の在り方に問題があるのかもしれない。

 「永田町に、自民の党とかやいふ党の娘勢ひまうなりと聞きて、人数多言ひわたりけれども、この娘、唯差し過ぎたることを書ひて、更に政策の類を書かざりければ、斯る異様の者、投票するべきにあらずとて、民、許さざりけり」

 これは珍談ではない。徒然なる心がどんなに沢山な事を感じ、どんなに沢山な事を言わずに我慢したか。



下記のYouTube配信動画もご覧ください。

『LGBT騒動と新潮45廃刊事件』2018年10月21日山崎行太郎と内山卓也の政治哲学チャンネル
スポンサーサイト